昔(昭和時代)は誰でもいいから結婚しないと恥って風潮があったらしいけど

CATEGORY雑談
0042: 名無しさん必死だな 2023/11/05(日) 00:15:50.60 ID:/r5elkDF0
今も昔と大して変わんなくねって思う
気のせい?

ネットの反応

0002: 名無しさん必死だな 2023/11/04(土) 22:31:35.10 ID:Q7YyTb1N0
結婚できなきゃほぼ障害者扱いだったのが昔
結婚できないのは負け組なのが今

0003: 名無しさん必死だな 2023/11/04(土) 22:32:30.40 ID:9O1NKPI60
結婚は
するも地獄
しないも地獄

0004: 名無しさん必死だな 2023/11/04(土) 22:34:38.62 ID:9TxRsYTd0
>>2
どっちも酷くて草

0005: 名無しさん必死だな 2023/11/04(土) 22:37:20.12 ID:RSqimi7I0
自分の代で子孫断絶させてしまうのは先祖に申し訳ないと思ってるが



https://krsw.5ch.net/test/read.cgi/ghard/1699104320/







昔の日本では、結婚は男女ともに人生において重要なイベントであり、結婚できないことは恥と見なされていた。結婚できない人は、社会から疎外されたり、差別されたりすることもあり、ほぼ障害者扱いされていたようだ。

一方、現代の日本では、結婚は必ずしも人生の必須条件ではなくなった。結婚できない人は、必ずしも負け組とは見なされず、むしろ独身を謳歌する人も増えている。

この変化は、社会の価値観の変化を反映していると考えられる。昔は、結婚は出産や子育てをするための手段として重視されていた。しかし、現代では、結婚は個人の幸せや生きがいのためにするものという考え方が広まっている。また、女性の社会進出や少子高齢化などの社会情勢の変化も、結婚に対する価値観の変化に影響を与えていると考えられる。

もちろん、結婚には多くのメリットがある。しかし、結婚できないからといって、必ずしも人生が不幸になるわけではない。独身でも、充実した人生を送ることはできる。

結婚は個人の選択であり、結婚できないことを恥じる必要はないだろう。結婚したい人は結婚し、結婚したくない人は独身を貫けばいい。大切なのは、自分の人生を自分らしく生きることだ。


スポンサーサイト



COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.