何故「すごいグラをゲームで楽しみたい」という欲求は優越感を失い、粉々になってしまったのか?

CATEGORY雑談
0148: 名無しさん必死だな 2023/11/05(日) 00:14:25.98 ID:c+dlbE0h0
アバター2
https://www.youtube.com/watch?v=Om7LvP3Pl_0
FF16
https://www.youtube.com/watch?v=PjqWd93eX2Q
うんまあ・・・次元が違ったね

ネットの反応

0002: 名無しさん必死だな 2023/11/03(金) 14:37:42.54 ID:FU6StaZv0
で、アバターのゲームはどうなったん?
企画消えたの?

0003: 名無しさん必死だな 2023/11/03(金) 14:38:37.26 ID:T4+AiNsS0
CG技術も映画のほうが数段先を進んでるから

0004: 名無しさん必死だな 2023/11/03(金) 14:38:47.75 ID:w3jpizeaM
全部アレのせい

0005: 名無しさん必死だな 2023/11/03(金) 14:40:41.09 ID:4gEaNyji0
グラは良くて当たり前だから
ハンバーグの入ってないハンバーガーがあるかよ



https://krsw.5ch.net/test/read.cgi/ghard/1698989728/







「すごいグラをゲームで楽しみたい」という欲求が優越感を失い、粉々になってしまったのは、以下の理由が考えられるだろう。

技術の進歩によって、以前は高性能とされていたグラフィックスも、今では当たり前のものになった。

ゲームのプレイスタイルの多様化によって、グラフィックスよりもゲーム性やストーリーを重視するプレイヤーが増えた。

クラウドゲーミングの普及によって、高性能なPCやゲーム機がなくても、高品質なグラフィックスを楽しめるようになった。

これらの理由により、高性能なグラフィックスはもはや優越感の象徴ではなく、当たり前のものになった。そのため、以前ほど「すごいグラのゲームで遊びたい」という欲求が強くならなくなったのだろう。

アバターのゲームについては、企画が消滅した可能性もあるだろう。しかし、アバターはVRやARなどの技術と相性が良いため、今後も新たなアバターゲームが登場する可能性はあるだろう。


スポンサーサイト



COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.