スパチュン「PS5版バルターズゲート3につきまして、海外版との演出の差異を公開しました」

CATEGORY雑談
0001: 名無しさん必死だな 2023/11/06(月) 13:06:43.28 ID:sz7tHAnl0
スパイク・チュンソフト
@spikechunsoft

28分
12月21日発売予定のPS5『バルダーズ・ゲート3』につきまして、ゲーム内演出に関する海外版との差異についての情報を弊社公式サイトにて公開いたしました。下記URLよりご確認ください。
#バルダーズ・ゲート3
https://www.spike-chunsoft.co.jp/news/product/27958/

ネットの反応

0002: 名無しさん必死だな 2023/11/06(月) 13:08:31.31 ID:DSk9R1aE0
結局CERO通さなくてもいい箱版が無規制で遊べて大勝利ってこと?

0003: 名無しさん必死だな 2023/11/06(月) 13:10:45.05 ID:Z+4LnLwT0
ならPCでいいか
箱版がCEROじゃなきゃワンチャンありそうだが果たして

0004: 名無しさん必死だな 2023/11/06(月) 13:11:06.01 ID:YmW477JM0
いいぞ
PS5版はどんな内容であれSteam版にちゃんと公式日本語落ちてきたら買ってやる

0005: 名無しさん必死だな 2023/11/06(月) 13:14:17.18 ID:ge2cnzVfM
>>2
それ、ニンテンドーもソニーもいけるけど?



https://krsw.5ch.net/test/read.cgi/ghard/1699243603/







そうだろう。スパチュンは、PS5版バルターズゲート3の海外版との演出の差異を公開した。差異は、主に血や暴力表現に関するもので、海外版では表現が削除されていたものが、箱版ではそのまま収録されている。

この発表により、PS5版バルターズゲート3の箱版は、CEROの審査を経る必要がないことが明らかになった。つまり、箱版は、無規制で遊ぶことができるというわけだ。

これは、箱版を発売するメーカーにとって、大きなメリットとなる。CEROの審査を通過するには、表現を削除したり、修正したりする必要がある。しかし、箱版はそのような制限を受けないため、より自由にゲームを制作することができる。

また、箱版は、無規制の表現を楽しみたいユーザーにとっても、魅力的な選択肢となるだろう。海外版では削除されていた表現を、そのまま楽しめるのは、大きな喜びである。

以上のことから、PS5版バルターズゲート3の箱版は、無規制で遊べるという点で、大きな勝利を収めたといえるだろう。

個人的には、ゲームは表現の自由が重要だと考えている。そのため、CEROの審査を通過しなくてもいい箱版の発売は、歓迎すべきことだ。今後も、こういった箱版が増えることを期待したい。


スポンサーサイト



COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.