【EGG】伝説のアクションシューティング『テグザー』がNintendo Switchで復活!

CATEGORY雑談
0001: 名無しさん必死だな 2023/10/26(木) 17:00:19.97 ID:DGFv2o6q0
D4エンタープライズは10月26日、同社が運営するレトロゲーム配信サービス「プロジェクトEGG」のNintendo Switch展開である「EGGコンソール」第2弾タイトルとして、『EGGコンソール テグザー PC-8801mkIISR』をリリースした。
価格は880円。
本作は1985年にゲームアーツからリリースされたアクションシューティングゲーム。プレイヤーはロボット形態と戦闘機形態の二つに変形できるハイパーデュアルアーマー“THEXDER”を操作して、小惑星ネディアムの磁力線発生装置を破壊する戦いに身を投じることになる。
ゲームはサイドビューで構成されており、ステージは全16面(+裏16面)で構成。敵との戦いでは追尾レーザーが使えるものの運動性能に劣るロボット形態と、進行方向にしか攻撃はできないが機動力に優れた戦闘機形態を、シチュエーションに応じて上手に使い分けながら進もう。
バリアなどもあるが、頻繁に使用するとエネルギー切れを起こしてしまうので、ここぞというときだけ使おう。ちなみにゲームはセーブ機能なしのライフ制なので、プレイは毎回、一発勝負。ゲーム難度は高めなので、腕に覚えのある人は、ぜひチャレンジしてみよう。
ロボット系レトロゲームを語る際には必ずといっていいほど、その名前が挙がる本作。難しいながらも繰り返して遊びたくなる中毒性はもちろん、世界観、秀逸なメカデザイン、変形時の滑らかなアニメーションなど、丁寧に作りこまれた名作だ。





https://youtu.be/L4el7U7s52A
https://ascii.jp/elem/000/004/165/4165252/

ネットの反応

0002: 名無しさん必死だな 2023/10/26(木) 17:01:25.19 ID:rYsTNcq00
MSX2版のほうが良かった

0003: 名無しさん必死だな 2023/10/26(木) 17:03:03.27 ID:wPPUqeRx0
ヒゲ制作だったっけ

0007: 名無しさん必死だな 2023/10/26(木) 17:07:44.70 ID:T9q7yID00
ファミコン版は許せぬ

0011: 名無しさん必死だな 2023/10/26(木) 17:23:32.42 ID:q3ZSkXqG0
これはやってみたい



https://krsw.5ch.net/test/read.cgi/ghard/1698307219/







テグザーのNintendo Switch版がリリースされたことは、懐かしのファンのみならず、若い世代のゲームファンにとっても嬉しいニュースだろう。しかし、個人的にはMSX2版のほうが良かったと思う。

グラフィックが鮮明で美しい

MSX2版は、PC-8801mkIISR版よりも解像度が高く、グラフィックが鮮明で美しい。特に、背景の描写が格段に進化しており、ゲームの世界観をより深く味わうことができる。

操作性が向上している

MSX2版では、キーボードの操作を十字キーとボタンに割り当てることで、操作性が向上している。特に、ジャンプのタイミングが取りやすくなっており、難易度が下がって遊びやすくなっている。

もちろん、Nintendo Switch版にもメリットはある。例えば、携帯モードで遊べる、オンラインで対戦できるなどだ。しかし、個人的には、グラフィックと操作性の向上が大きいMSX2版のほうが魅力的だと感じる。


スポンサーサイト



COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.