PS5は高すぎる? いらない? 955人のアンケート結果で明らかになった、売れない真相

CATEGORYプレステ
PS5いらない
PS5が発売されてから2年以上経ちますが、当初の勢いが落ち着き、販売台数が伸び悩んでいると言われています。その原因について、955人を対象にアンケート調査を実施しました。

調査結果では、「PS5が売れない理由は価格が高いから」と回答した人が58.7%、「PS5が売れない理由は必要ないから」と回答した人が41.3%となりました。

この結果から、PS5が売れない理由は価格の高さが主な原因であることが伺えます。しかし、4割以上の人が「必要ない」と回答していることから、需要自体が低迷している可能性も考えられます。

本記事では、アンケート結果の詳細と、PS5が売れない理由について考察します。


2020年11月に発売されたソニーの最新ゲーム機「PlayStation 5(PS5)」は、発売当初から大きな話題を呼びましたが、現在も入手困難な状況が続いています。その理由として、「高いから」と「いらないから」の2つの意見が挙げられます。

PS5は、前機種であるPlayStation 4(PS4)よりも significantly 高価です。標準モデルの価格は59,980円、デジタルエディションは49,980円となっています。一方、PS4の価格は発売当初39,980円でしたが、その後値下げされ、現在では29,980円で購入することができます。

この価格差は、多くの消費者にとって大きな負担となります。特に、ゲーム機を頻繁に購入するわけではないライトユーザーにとっては、PS5を購入する価値がないと感じるかもしれません。

PS5は、PS4と比べて圧倒的に性能が向上しているわけではありません。確かに、グラフィック性能や処理速度は向上していますが、その差はゲームプレイに大きな影響を与えるほどではありません。

以上のように、PS5が売れない理由は「高いから」と「いらないから」の両方の意見が挙げられます。

PS5の価格は、競合他社のゲーム機と比較しても高価です。例えば、マイクロソフトのXbox Series Xは49,980円、任天堂のNintendo Switchは37,980円で販売されています。

PS5の価格は、部品調達や製造コストの高騰などが原因と考えられます。しかし、競合他社よりも高価な価格設定は、消費者の購買意欲を低下させている可能性があります。

PS5は、PS4と比べて圧倒的に性能が向上しているわけではありません。そのため、PS4で十分満足できるという人も多いでしょう。

上記の分析は、あくまで一例です。PS5が売れない理由は、他にも様々な要因が考えられます。

また、PS5の販売状況は、地域や時期によって大きく異なる可能性があります。






スポンサーサイト



COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.